非常に多岐にわたる職場|社会人でも理学療法士になりたいなら夜間学校を利用しよう
男女

社会人でも理学療法士になりたいなら夜間学校を利用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

非常に多岐にわたる職場

男の人

病院には多数の職員が

医療現場である病院には、非常に多岐にわたる資格があります。まずは、どのように自分が医療に携わりたいのか目標をしっかり持つとともにどのような資格があるのか具体的に知ることが必要です。やはり筆頭は、医師でしょう。6年制の大学を卒業して医師の国家試験に合格しないと医師になることができません。人の命を預かる職場であるのですから、相当な学力を要します。次に看護師でしょう。医療関係者として人数が多くてメジャーなのですが、看護系の資格と言っても、看護師の他に保健師・助産師があります。また、看護師の資格の上に専門看護師や認定看護師の資格もあります。コメディカルと呼ばれる技術者の資格もあります。薬剤師・臨床検査技師・放射線技師・作業療法士・理学療法士・視能訓練士・メディカルエンジニアなどです。

関心のある職場を

患者に直接関わる医療現場での資格を列挙しましたが、この他にも事務的な資格もあります。医療費を算定する医療事務や医師の事務的作業を補助する資格(病棟クラークなど)や医療情報を円滑に取り扱うための医療情報技師やカルテを管理する診療情報管理士などなど、本当に多岐にわたります。医療現場への就職を希望しているのであれば、まずは、なりたい自分や関心のある分野を決めることが必要です。当然のことのようですが、漠然と医療現場に就職したいとだけ考えている人が少なからずいます。それなりに勉強することが不可欠でありますから、高いモチベーションを維持する必要ですので、目標をしっかり持って、なりたい自分を実現しましょう。