男女

社会人でも理学療法士になりたいなら夜間学校を利用しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

医療従事者として働くには

看護師

看護士とは看護師と同様に使われる言葉ですが、男性として看護職に就く人を言います。現在でも女性の看護師が多い中、男性の需要もどんどんと高まり、男性の医療従事者として広く求められています。この職業に就くには一定の教育を受けて国家試験に合格すると厚生労働大臣の免許を受けて資格が授与されます。

もっと読む

非常に多岐にわたる職場

男の人

医療現場の資格は、医師を筆頭に看護師をはじめ、コメディカルと呼ばれる技術者の資格から事務関係の資格まであります。それなりに高いモチベーションを必要とする勉強することも必要ですので、まずは、なりたい自分を明確にしましょう。

もっと読む

社会人でも学べる学校

男女

昼間は仕事夜は学校

理学療法士は、高齢化社会に向けて将来性の需要が高い職業として目指す人が増えてきました。リハビリを主に指導する職業となり、老人ホームや障害者のいる施設でも活躍しています。医療関係の仕事ですが、交代勤務もなく、土日が休みという働き方も人気の理由の1つです。そのため、社会人で理学療法士に転職する人も少なくありません。そのような人たちのために夜間体制を設ける学校も多くあり、特に専門学校に集中しています。働きながらでも通える夜間学校は、多くの生徒が在籍している状況です。夜間の学校では、だいたい18時くらいから授業がスタートし、21時くらいには終わるという体系がほとんどです。昼間は別の仕事をして、夕方から集中して学習に取り組める環境にあるため、こういった夜間学校の存在はとても役に立ちます。

両立の難しさ

理学療法士が目指せる学校は、専門学校であれば3年制と4年制にわかれます。学ぶ内容は同じですが、夜間にいたってはその年間の授業数から4年制がほとんどです。3年制と比べて時間に余裕は持てるものの、夜間となると昼間の仕事を両立させていく必要があります。これが上手くできなければ、途中で挫折してしまうことにもなりかねません。特に、本業の仕事に夜勤や遅番といった働き方のある人は要注意です。その働き方が毎日ではなくても、疲労が重なる点も十分に考えられます。学業と両立させていくには、総合的なバランスを無理なく整えていく必要性が求められます。理学療法士は学習する内容が多いので、社会人でなくてもその体制についていくのが難しい人も少なからずいます。その実態を把握したうえで、無理なく続けられることを前提に夜間に通う必要があります。

即戦力になれる

ウーマン

プロの柔道整復師を目指す場合は、国家試験でトップクラスの合格率を誇り、即戦力となる技術を学ぶことができる専門学校を探すとよいです。柔道整復師の専門学校はスポーツ傷害にも力を入れています。卒業すると整骨院や医療福祉施設の他スポーツトレーナーになることもできます。就職のサポートも手厚く行ってくれます。

もっと読む